次世代育成支援対策推進法

妊娠中の労働者及び子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立等を支援するための雇用環境の整備

妊娠中や出産後の女性労働者の健康の確保について、労働者に対する制度の周知や情報提供及び相談体制の整備の実施

育児休業を取得しやすく、職業復帰しやすい環境の整備として次のいずれか一つ以上の措置の実地

  • 育児休業に関する規定の整備、労働者の育児休業中における待遇及び育児休業後の労働条件に関する事項についての周知
  • 育児休業期間中の代替要員の確保や業務内容、業務体制の見直し
  • 育児休業後における原職又は原職相当職への復帰のための業務内容や業務体制の見直し

育児休業等を取得し、又は子育てを行う女性労働者が就業を継続し、活躍できるようにするための取組の実施

  • 若手の女性労働者を対象とした、出産及び子育てを経験して働き続けるキャリアイメージの形成を支援するための研修
  • 育児休業からの復帰後又は子育て中の女性労働者を対象とした能力の向上のための取組又はキャリア形成を支援するためのカウンセリング等の取組
  • 育児休業等を取得しても中長期的に処遇上の差を取り戻すことが可能となるような昇進基準及び人事評価制度の見直しに向けた取組

子どもを育てる労働者が利用できる次のいずれか一つ以上の措置の実施

  • 三歳以上の子を養育する労働者に対する所定外労働の制限
  • 三歳以上の子を養育する労働者に対する短時間勤務制度
  • 始業・終業時刻の繰上げ又は繰下げの制度

労働者が子どもの看護のための休暇について、時間単位で取得できる等より利用しやすい制度の導入

希望する労働者に対する職務や勤務地等の限定制度の実施

育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業などの諸制度の周知

出産や子育てによる退職者についての再雇用制度の実施

働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備

年次有給休暇の取得の促進のための措置の実施

短時間正社員制度の導入・定着

実施期間 令和3年2月1日~令和5年1月31日